SSブログ
食べ物系 ブログトップ
前の5件 | -

思い出、ミシュラン二つ星のレストラン [食べ物系]

新型コロナで鬱々としてる時期だし、昔の思い出をサルベージする。

6~7年前のことだろうか。

当時仕事上でおつきあいのあったY氏(当時、某IT企業法務部長)に、都内にあるミシュラン二つ星シェフの某フレンチレストランで、ごちそうになってしまったのである。

50代のY氏と30代のそれがしのメンズ二人。No女子。

何かいろいろ料理とかワインが出て、お互い四方山話をしつつ、とても楽しい時間だった。それにしても、食べ物に関し、人間の欲望は深いもんだと改めて痛感してしまう。

例えば、アミューズの次に出た牡蠣。

岩海苔のムースの上に生牡蠣をのせ、柑橘系のジュレをかけ、岩海苔を散らす。牡蠣と言えば、採れたての生牡蠣にポン酢かレモンが最高だと思っていた。

しかし出て来た料理は、牡蠣とポン酢の美味さをそのままに、らくらくとその上を行く味覚の記憶を振りかけてきた。

そして例えば、鮎。

鮎など、一匹丸々塩焼きにするのがベストだと思っていた。それがだ。身はムニエルで、腹には鮎の臓物で作ったソースをつめ、頭と骨は揚げられ、添え物になっている。

確かに、身の美味さと骨や頭の美味さを発揮する火の通し方は違うはずだが、鮎の美味さにかまけて、意識に上らなかった。やられた。

他にも色々あるのだが、割愛。

なるほど、慣れ親しんでるはずのシンプルにして至高なる日本の大いなる調理法は、素材の良さに溺れ、実は大いなる倦怠の中にあるのかもしれん。むむむ。

一皿一皿に、「美味いものを、もっと美味いもの」をという、求道的なものを感じるのである。詳細省くが、もちろん、ワインとチーズも大変すばらしかった。といっても、堅苦しくはなく、しっかりくつろげる空間なのは不思議。酒の力か何なのか。

7月に生まれた子供の写真をにこやかに紹介しながら、

「ここは、ウチの妻も気に入ってる店でね。キャバ嬢なら、この数ランク下の店でも楽しんでくれると思う。でも、今日は坂本さんをつれてきたかったんだよ。わかると思ってさ!」

などとのたまうY氏。心憎い。

「私は勉強頑張ったから、今更子供が勉強できないとか、かんがえられない~」

などと、子供の教育などについて語っている隣のテーブルの女性たち(といってもそれがしくらいだろうな)の会話は、いささか興ざめだがまあご愛嬌。

美味さと、酔いと、しびれと、そこはかとない敗北感。

今度はY氏を接待したおしたいものだ、などと感じたある夜の一コマ。とはいえ、数年たった今でも、Y氏をもてなせるような身分には一切なっておらず、忸怩たるものを抑えきれない今日この頃なんであった。


nice!(0)  コメント(0) 

若者の飲酒に関する雑感 [食べ物系]

いっそのこと、30歳未満の若い人は高級酒しか飲んじゃいかんような法律にでもしたらどうかねと思うことがある。

甲類焼酎なんかもっての他で、ストロング系チューハイなど飲もうモノなら厳罰で実刑だ。スコッチウィスキーだって原則としてシングルモルトのみ。日本酒だったら、最低でも特定名称酒で、値段は一升瓶で3000円以上の酒ならOKとか。もちろん、スパークリングワインではなくシャンパンであり、ビールはプレミアムもののみ。

というのも、若いうちに酒を覚えるなら、やはりいい酒を飲むべきだと思うから。

そもそも、酒に入門編なんて無くて、そのとき飲める自分として最高の酒を飲むべき、なんて話をジャズの話と一緒にタモリもしていた気がする。全くもって同感。

完全に比例するとは言わないけど、やはり高い酒にはそれなりの手間がかかっている。また、酒は地域の風土や文化から離れては生まれない。金額におののきながら手間や文化や風土に思いを馳せてもらうなら、若い人に、健康に影響ない範囲で酒を提供するのは、そんなに悪いことじゃないと思う。

加えて、高い酒なら、そんなに量を飲むことは無いだろうし。

トリスハイボール甲類焼酎の茶割り、ストロングゼロ、カルピスサワー、大関ワンカップの燗酒、鬼ころしの紙パックなどでぐじぐじやるのは、あくまでも大人の特権であり、若者には早すぎるしもったいないではないか。

なんて、法律にはならんだろうなと思うが、雑感を一つなんである。

nice!(0)  コメント(0) 

上野、晴々飯店、人々 [食べ物系]

上野駅、入谷口辺りから徒歩数分にある『晴々飯店』。四川系の中華料理屋である。

知人たちが絶賛しており、何度か、一人ないしは友人と二人くらいで訪れる。全体的にちんまりした佇まいで、テーブルや椅子もシンプル。家庭料理という触れ込みで、いわゆる高級店ではない。だが確かに美味い。麻婆豆腐にはきちんと花椒が利いてるし、辛いものはきちんと辛く、炒め物もしゃっきりしている。辛めのタレで食う水餃子なんかもいけてる。後から花椒が効いてくる汁なし担々麺も佳品だ。

ただ、少人数では如何せん食える量がたかがしれていて、知人たちが絶賛するほど多くの料理を楽しめたわけではなく、いささか忸怩たるものを感じていた。それが先日、晴々飯店大好きなゴールデン街某店のマスターK氏に誘われて、自分含め9人で味わう機会ができたのである。

4200円。オーダーバイキング。食べ飲み放題。

上は60代男性から下は30代初頭の女性まで。男性7人女性2人。全員、敵だ味方だ騒ぐ必要のない、勝手知ったる少ない仲間だ。男性陣では40代前半の僕が最年少というアダルトなチーム構成であり、正直、食べ放題に耐えられるか不安が無いわけでもない。戦力として期待されている最年少人妻A女史は早速、「競技中華だね!」と意欲を露わにする。

乾杯のビールもそこそこに、頼んだものは以下の通り。

・よだれ鷄
・蒸し茄子四川風
・麻婆豆腐
・黒酢鷄
・ハチノスのクミン炒め
・パクチーロース(パクチーと肉の炒めもの)
・野菜とホタテのXO醤炒め
・覇王スペアリブ
・ブロッコリーの干鍋
・豆苗炒め
・エビマヨ
・青椒肉絲
・蟹チャーハン
・汁無し担々麺
・酸ラー湯麺
・杏仁豆腐

ちなみに、麻婆豆腐と黒酢鶏とスペアリブはもう一皿追加している。死なずの老兵ぞろいとは言え、やはり9人で行くと頼む品数と量が違う。そうこなくっちゃ。

個人的には、一品目のよだれ鶏のタレの鮮烈さ、ハチノスのクミン炒めの豪勢な香り、焼き揚げた覇王スペアリブの肉の旨味が大変に素晴らしかった。それぞれの料理は一見ラフだが、必要なところにはスパイスを惜しげもなく使っていて、作りも基本が押さえられている。良い。

ビールはいつしか切り上げ、紹興酒にチェンジ。紹興酒単体が美味いと思ったことはほとんどないが、中華料理と合わせると魔性のマリアージュであり、料理が美味くなり酒も進んでしまう。

それぞれの四方山話と紹興酒と美味い中華。プラトンの『饗宴』と比べて、哲学こそないかもしれないが、楽しさはそれ以上で、何ならプラトン達よりも酒と料理は美味いはず。夢見る頃は過ぎ、さすがに全ては食べきれず残してしまった料理もあったが、満足感が凄まじい。食った。飲んだ。

料理と酒を堪能し陶然となった心には、料理人とか料理評論家ならいざ知らず、美味いものの思い出というのは、ある程度の味覚は必要条件だとしても、それを豊かにするのは、一緒に過ごす人々だったり会話だったりするのだなあという感慨が、じわじわと滲みてくる。

決して上手く行っているとは言えないし、他人に迷惑かけっぱなしだし、これから劇的に改善する希望も何も無い我が人生。でも、こうして一緒に晴々飯店に行ってくれる知人たちがいるのは、そう捨てたもんでもないさと思った、ある日の夕暮れなんであった。

≪晴々飯店:食べログ≫
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13098240/

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ほのぼの三国志、鯵、鯖、鰯 [食べ物系]

他人に聞いてみる話として、

「鯵、鯖、鰯、もう一生食べてはいけないとしたら、どれを選ぶ?」

というものがある。

いずれも青魚のメジャー級であり、アレルギーでない限り、食べたこと無いはずが無いくらいの魚だが、いざ考え出すと、諸人、なかなか決めにくいようなんである。


とりあえず、鯵。

鯵の開きは朝飯に至高の一品であるし、味噌と紫蘇などで絡めた鯵のなめろうも、酒・飯の両方とも合わせられる。揚げたてのアジフライをカシュカシュと食う音すら、楽しいものである。もちろん、鯵のお造りは言わずもがなよろしい。


ついで鯖。

丁寧に〆られた鯖の脂と香りの美味さときたら無かろう。鯖寿司しかりである。鯖味噌煮は定食屋の定番であり、焼いた塩鯖から滴る脂の芳醇さは見事である。変り種では、麹で軽く発酵させたへしこや、鯖の燻製も忘れがたい味だ。


そして鰯。

煮ても焼いても揚げても刺身でも美味い。だが鰯の真骨頂は加工のバリエーションだ。ホクホクとしたつみれの汁ははらわたに沁みる。煮干の出汁はほぼ万能とすら言えよう。アンチョビのアクセントは至極よいし、炙ったたたみいわしの軽妙さは例えようが無い。

要は、いざ考え出すと、どの魚もなかなかに捨てがたいのである。

直前に食った美味い魚に影響されることも多く、その都度意見が変わりうることもある。意外な人が意外な魚へのこだわりを持つことも、たまに判明して面白い。

さて、鯵、鯖、鰯、どれを切りますか?すべてはあなた次第なんである。

nice!(0)  コメント(0) 

ストロングゼロ、あるいは文化について [食べ物系]

ストロングゼロをはじめとしたアルコール度数の高い、いわゆるストロング系チューハイについて、医師が警鐘を鳴らしているそうだ。

<参考>
https://togetter.com/li/1450377

とはいえ、ストロング系チューハイのアルコール度数は9%程度。5%程度のビールよりは高いものの、日本酒やワインは15%前後だし、焼酎は20~25%が主流。ウィスキーやウオッカやブランデーは40%くらいのものが多いだろう。それらの一般的なアルコール飲料と比べて、ストロング系チューハイのアルコール度数は、決して高いとは言えない。

ではなぜ、このような指摘が出てくるのか。問題は、アルコール度数ではなく、あの手の酒における文化の不在ないしは貧弱さだと個人的には思うのである。

山崎正和のうろ覚えの受け売りだが、覚せい剤とかの違法な禁止薬物と、煙草やアルコールとかの合法な嗜好品の違いは、文化、もっといえばその摂取による効果(陶酔や酩酊とか)を小刻みに先延ばしするモノや空気があるかどうかかもしれない。

違法薬物は打ったり吸ったりしていかに早く体内に成分を入れるかが全てだけど、煙草や酒はそうではない。成分を体内に入れるにあたって、様々な先延ばしがある。

酒で言えば、例えば日本酒やワインには、いい肴が無いと寂しい。いいウィスキーやブランデーなら、氷やグラスにもこだわってみたい。場所だって、お洒落なバーで飲む酒と行きつけの小料理屋で飲む酒は違うし、気心の知れた知人と飲む酒はまた格別だ。

そんな感じで、人との会話であったり、洒落たバーの雰囲気であったり、美味い肴であったり、酩酊という効果をまっすぐに得るには、酒には不純な背景が多すぎると思う。泥酔するまで飲めば、他人と会話はできなくなるしバーからは追い出されるし食べ物はまずくなる。そこには、自ずから一定の節度が生まれる(はず)。

酩酊の小刻みな先延ばしとそこから生まれる一定の節度は、ある種の文化と言っても過言ではないのではなかろうか。

ストロング系チューハイには、どちらかというと「手っ取り早く酔いたい」というニーズに訴求しているように見える。それは酒としての文化が未成熟な証ではないか。個人的には、度数が高いのもアリとは思うけど、それが何らかの文化を形作るのでなければ、つまり単に手っ取り早い酔いを求めるものだけになってしまえば、違法薬物に限りなく近いものになってしまう。

ストロング系チューハイへの批判は、大げさに言えば、メーカーや消費者の文化形成力への批判だと思うのである。

酒は酔うために飲むものだけれども、酔うためだけに飲むのではない。その非常に曖昧な矜持としての一線、つまり文化を育み守り続けることが、酒と違法薬物を隔てるものであるはずだ。

そう、全ては文化なのだ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 食べ物系 ブログトップ